ブログ

Bring to the table win-win survival strategies to ensure proactive domination. At the end of the day, going forward, a new normal that has evolved from generation.

2019-04-28

「同時通訳者から学ぶ 本当に使える英語」コースですが、3月にコッソリ開校して以来、多数のお問合せ、お申込をいただきました。関心を持ってくださった方々、ありがとうございます!

おかげさまで、6月半ばまでは全ての受講枠が埋まりました。

現在、短期集中コースを受講中の方が、6月第一週には終了となりますので、6/10(月)以降に受講をご希望の方の、ご予約を承ります

やる気のある方々のお気持ちにすぐに応えられず、恐縮でございますが、何とぞご了承ください。

 


cvsupport-1280x850.jpg

2019-02-18

冒頭から気持ちの沈む話になって恐縮ですが、英語をマスターするには、魔法はありません(`・ω・´)キッパリ。

スクールに通ったから、有名講師の授業を受けたから、評判の良い教材を買ったから、すごいアプリに出会ったから、できるようになるものではありません。どれだけツールを揃えたところで、自分がやらなければ、残念ながらできるようになりません ┐(´д`)┌

とはいえ、英語をマスターする近道はあります。こちらの記事をご覧ください ♪

話題のエクササイズDVDを買ったところで、実際に自分で身体を動かさないと効果が無いのと同じです。英語も、自分でやらないと、できるようにならないのです。(スクールや講師や教材やアプリとご自身の相性が合ったので、勉強がはかどり、結果として英語マスターにつながる、ということはあり得ます(^_-)-☆)


consultation_banner-1280x530.jpeg

2019-02-18

「英語を話したい!」と思い立つと、「では、英会話スクールに通おう!」という発想になりがちです(まぁ、「会話」と銘打ってあるスクールなので、当然と言えば当然ですが)。ただ、学習者のレベルによっては、「英会話スクール」に通うことが、必ずしも効率の良い方法だとは思っていません。かく言う私も、かつては英会話スクールに行ったことがありました。また、「英語ができる人」になってからは、英会話スクールで教えていた外国人講師、日本人講師の友人が何人もいました。


bed-bedroom-book-1458669-1280x853.jpg

2019-02-13

断定的な表現であおったり、人目を引くためにあざといタイトルを付けるのは好きでないのですが、
外国語をマスターする上で、唯一の近道というのはあるように思っています。

ちなみに、「外国人の恋人を見つけること」とか「外国に住むこと」
あるいは「子どもの頃に外国に住むこと(←もう遅いって(^0^;)」のように、外国頼みな方法ではない、自分だけでできる方法です。